池袋のiPhone修理専門店なら即日でも可能でおすすめです!

iPhone修理

iPhoneのバッテリー交換は修理扱いです

ペンとスマホ

携帯電話を長く使っている人の中には、電池パックという言葉に馴染みが深いでしょう。スマートフォンも初期の頃は電池パックが自分で交換出来るタイプが一般的でしたが、iPhoneは歴代の機種で全て内蔵型を採用しています。iPhoneのバッテリーは、電池パックとして加工されたものではなく、部品として放熱性重視で組み込まれています。電池パックとして加工するためには、セルと呼ばれているリチウムイオン電池を二次加工して化粧パッケージを被せる必要がありますが、薄型軽量化を実現するためには厚みが出てしまい容量とのバランスが悪くなってしまいがちです。
iPhoneのデザイン性を追求しつつ、限られたスペースで重量バランスも配慮した設計を行なうと、取り外し可能な電池パックよりも部品として組み込み固定されているバッテリーとして組み込むことが適しているわけです。iPhone修理の非正規店へバッテリー交換を依頼すると、バッテリーの位置や他の部品に劣化が無いか見積もりをする際に、iPhoneのバッテリーを確認出来ます。
iPhone本体の面積に対して多くの部分をバッテリーが占めていることに驚く人も少なくありません。iPhoneの内蔵バッテリーは、あくまでも組み込み固定された部品という扱いのために、全て修理交換という扱いになるわけです。

new article

TOP